加齢・有害光線・放射線、どの白内障にも効果ありの方法

白内障は進行すると失明の恐れがあります。

白内障の進行・悪化を防ぐには、積極的に有害物質から目を守り、また目に良い成分を補う必要があります。

    「防衛手段」

  • サングラスをかける > 紫外線
  • ブルーライトカット眼鏡をつける > PC、スマホ害
  • 花粉カットグラスをかける > PM2.5
  • 有害物質を体内から排出する > 重曹がオススメ

上記の対策を取った上で、目に良い成分を摂取することです。

目に良い成分として、眼科の先生が推奨されるのは「ルテイン」です。

目のサプリというとブルーベリーを連想する方が多いですが、ブルーベリーは目の眼精疲労には効果があっても、眼病(白内障、緑内障、黄斑変性症など)には効果がないようです。

過去にブルーベリーが効くと言われていたのは、PC作業が増えて働き盛りの大人の目がドライアイになったり疲れ始めた頃に、ちょうど疲労回復効果が発揮されて「目にはブルーベリー」が定説になったと思われます。

白内障は基本的には「加齢」が原因で起きますが、「ルテイン」は加齢由来の白内障にも、紫外線・ブルーライトなどの「有害光線」、「放射線」など、どの由来の白内障に対しても効果があります。

 

<広告>


「白内障にルテインが効く」理由

それは「水晶体には、ルテインが多く存在している」からです。

ルテインは元々、人間の水晶体に存在している成分の一つで、「活性酸素」による目への悪影響を抑えて水晶体を守る働きをしています。

が、このルテインは、様々なストレスによって減少することがわかっています。

そしてルテイン蓄積量が減ってしまった目は、水晶体をストレスから守れなくなり、視力の低下や白内障を起こしてしまう。

つまり原因が「加齢」だろうと、紫外線・ブルーライトなどの「有害光線」だろうと、「放射線」だろうと、ストレスがかかった結果ルテインが減ってしまえば、眼病にかかりやすくなるんですね。

そんな「ルテイン」ですが、人間が体内で自然に作り出すことは出来ないそうです。消費一方ということですね。

だから、ルテインを外から補充する必要があります。

 

「ルテイン」を食事で摂取するのは意外に大変

そんな「ルテイン」は緑黄色野菜に多く含まれていますが、普通の食事で「ルテイン」を野菜から毎日、必要量摂取することは難しいです。

多く含まれている代表野菜は「ほうれん草」ですが、例えば、ほうれん草を毎日1/3束以上、継続的に摂取することは献立的に、また嗜好的にも厳しいでしょう。特に子どものいる家では。

そして、それだけ採っても、一日に必要な量 6mgとしてはギリギリ。
眼病対策に必要な量 20mgには、到底足りません。

実は、我が家では一時期「ほうれん草」摂取を試していたのですが、ほうれん草に含まれるシュウ酸によって、家族の一人が結石症にかかるという、別の弊害が出て断念しました。

だから、サプリを上手に取り入れて対策を取ることをおすすめしています。

ルテインは2種類あり、かえって害となる場合もあるので、品質を確認してから摂取しましょう。

 

「白内障の曇りがとれた!」安全でリピート率の高いルテインはこちら
朝のルテイン&プラセンタ

管理人も定期購入中! 白内障予備軍ながら、ギリギリ回避しています。
管理人の体験談はこちら

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ