アトピーの子は「若年性白内障」にかかりやすい

 

小さい頃よく親に言われました。

「目をこすったらダメ!」って。

でも、眠い時や痒い時は我慢しきれず、こっそり後ろを向いてグリグリと目を擦っていたのですが、やっぱり目に悪いんですね・・・。

最近増えている「若年性白内障」の原因の一つにアレルギーがあるらしいと知りました。

ということは、花粉症の子どもたちは、将来「若年性白内障」にかかりやすいってこと???

いや、既に「若年性白内障」だと診断されて手術を受けたり経過観察をしている子が、ジワジワと増えているようです。

通常の白内障は老人のかかりやすい眼病で60代から。早くても40代から。

それが今や、20代、30代の症例が増え、それどころか子供まで。(あまりに小さいと「遺伝」とか「先天性」とか言われるようですが・・・)。

もう、他人事ではない。

白内障は再発もしやすいとか。

あまり若い内に白内障手術をやると、2度めの手術が出来なかったり、また失明してしまう、なんて怖い話も聞きます。どうなんでしょう?

 

<広告>


20代、30代、子供の「若年性白内障」と手術

「若年性白内障」で検索すると、一般の方がブログで書いていたり、SNSで「白内障手術してきた」とか呟いていたり。

「白内障手術」を希望する人がかなり増えたようで、混雑で順番待ち、半年先なんて言葉も。

でも逆に「白内障手術を最短で!」みたいに謳ってる眼科もあったりします。

その昔、管理人はレーシック手術を受けましたが、そのレーシック手術専門病院はベルトコンベアー式に患者を次々に移動させることで効率化をはかり、手術件数をたくさんこなしていました。

その「最短で待たずに白内障手術が出来る」という病院も、そんな感じで数をこなして手術件数をアップしているんでしょうか。

手術件数が多い方が経験値がたまっていいのか、地元で昔から通ってる医院からの紹介がいいのか、やっぱり大病院がいいのか。白内障手術病院選びも悩むところです。

「簡単」「日帰り」「痛くない」なんて書いてある所もあれば、

「痛かった」「違和感がある」なんて、体験談も・・・。

怖いです。

特に「若年性白内障」は、かかると進行が速いと聞きます。

違和感を感じたら、すぐに眼科に行かなくてはいけない。でもその手術が予約待ちって・・・!!

 

「若年性白内障」にかかってしまう、その原因

「若年性白内障」に罹患するその原因については、前に書いてからまた調べました。本当に色々言われているようです。

  • 目のケガ
  • 打撲
  • 網膜剥離
  • 糖尿病
  • アトピー性皮膚炎
  • 緑内障
  • 遺伝
  • 放射線
  • 赤外線
  • 副腎皮質ホルモン
  • ステロイド剤
  • 抗精神病薬などの副作用
  • などなど

・・・原因が色々ありすぎて困るんですけど。

で、今回のテーマの「若年性白内障」とアレルギー性皮膚炎について、以下の記事を見つけました。

杏林大学医学部杏林アイセンターの山田昌和教授は言う。

「正常な状態の水晶体は弾力があり、伸びたり縮んだりすることでピントを調節しています。しかし、水晶体の中のタンパク質が変性すると、水晶体に濁りが生じて目の中に曇りガラスができたような状態になるのです。加齢以外では、目を強くぶつけるなどの外傷によって変性が進み、発症するケースもあります。若年性白内障は、一般的には加齢によって進む変性が、他の要因で早く起こることで発症すると考えられます」

 変性の要因はいくつもある。10~20代で若年性白内障を発症する患者は、アトピー性皮膚炎などのアレルギーがあるケースが多いという。

「瞼や目の周辺がかゆいからと頻繁に目をこすったり、叩いてしまうことで“小さな外傷”が積み重なり、タンパク質の変性が進んで水晶体が濁ってしまうのです」
日刊ゲンダイより一部

結局、痒いからと目をこするので、外から水晶体を傷つけてしまうってことなんですね。

また、アトピーだと網膜剥離を起こしやすいという説もありました。

 

目は身体の中で唯一「皮膚に守られていない」とっても繊細な器官

「目をこするな!」とよく注意されたのは、目は身体の中で唯一皮膚に守られずに、外気に直接触れている「とても繊細な器官」だから、色々な原因によって病気を起こしやすいぞってことだったんでしょうね。

あらゆる物体から攻撃を受けやすく、またダメージをモロに受けやすいという、守ってあげなきゃいけない器官。

もうね。視力を低下させ、目を悪くする原因物質が、あまりに身の回りに多すぎて、眼病にかからない方がおかしいのかもとノイローゼになりそうですよ。

「外からはゴーグルで守り、中からは栄養補給で守ろう!」

気合いが必要です・・・。

 

とりあえず白内障予防には、ルテイン。
水晶体の研究が進んで、ルテインの効果が実証されてきているようです。(今、文献を解読中。難しい〜)

「白内障の曇りがとれた!」管理人も定期購入中のおすすめルテイン
朝のルテイン&プラセンタ

 

それから、ゴーグル!
「花粉Cutグラス」はデザイン◯で、外見的には違和感ないと思います。グラスに紫外線カットも入ってて尚よし!



でもゴーグルなので、なんとなく視界が狭まる気がして運転には向かないかも。気をつけて!

目を大切に〜


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ