「ルテイン」でガン・眼病予防&美容ダイエット

ルテインとマリーゴールド

目に良い成分「ルテイン」ってなんでしょう?

ブルーベリーやカシス、βカロチンなど。
ルテインは、ほうれん草や人参、
ブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。

つまり「目に良い」。

ただ、ルテインは量を摂るのが難しい。

元々体内にはある程度ある成分ですが、
年齢やストレスで激減してしまいます。

でも、とても強い抗酸化力を持っているのです。

 

<広告>


「ルテイン」の目の中での機能と、体内量

「ルテイン」とは、強い抗酸化作用を持つカロテノイドで、
にんじん、ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。
サプリメントではマリーゴールドという植物の花びらから抽出します。

ルテインは、眼では水晶体と網膜の中心の黄斑部にもともと存在しています。
その他、体内器官や皮膚、乳房、子宮頸部にも多く存在している、
人間の身体にとって重要な成分です。

ルテインには、有害な光を遮る力があります。
目の老化の原因となる活性酸素を発生させる紫外線や青色光を遮り、
さらに紫外線や青色光を吸収する力も持っています。

また光を全て遮断できず、細胞に達してしまい、
細胞に酸化の危険が生じた場合でも、強い抗酸化作用で
活性酸素の発生を防ぎます。

眼にとっては、他には替えられない成分ですが、加齢とともに減少し、
眼病発症の引き金となっています。

近年の研究では、ルテインの摂取により眼だけではなく、
肌の水分量、脂質料、弾力性が増加することが証明されました。
また、日焼け止めでは防げない青色光へのお肌へのダメージも防ぎます。

一般社団法人健康長寿「ひとみの専門店」冊子より

青色光とは「ブルーライト」のこと。
PCやスマホが発する、害光です。

JINSなどのPC用メガネではなく、
身体の中にあって、自然にブルーライトから
目を守ってくれるってすごいことですよね。

実は「ルテイン」は女性に必須。
乳がんや、子宮頸癌にも関係が深いのです。

「活性酸素」はガンの一番の原因です。

老化やストレスで生まれる「活性酸素」。

それらから身を守ってくれていた「ルテイン」は
重なるストレスで減るばかり。

積極的に摂取していかないといけない時代なのです。

 

「ルテイン」はどのくらいの量を摂取すればいいのか?

ルテインは一日に約20mgが目安です。

  • 眼病予防には、一日6〜10mg
  • 積極的眼病対策には、一日20mg以上

過剰摂取がよく心配されますが、
WHOの報告では、体重60kgの人で、一日120mgまで問題ないとのこと。

20mgのルテインを摂るには
ほうれん草を200gを毎日食べなくてはいけません。

が、これは飽きますし、長続きしません。

最近増えている「尿路結石症」は、ほうれん草摂取「NG」ですし。
(シュウ酸を含む野菜を過剰摂取することで結石が出来やすくなるからです。)

ですから、ほうれん草を積極的に摂取することは危険です。

よほど野菜好きの方以外は、
サプリで摂るのが一番ラクで量も十分でしょう。

 

安心・安全な「ルテイン」って? マリーゴールドって大丈夫?

「ルテイン」サプリとして世に出回るもので
比較的安心なのは、植物のマリーゴールド由来の物です。

マリーゴールドはルテインの含有率が多く、
農薬の害が少ない
からです。

緑黄色野菜を一生懸命食べても
一緒に農薬を摂ってるのでは、あまり健康によくないですものね。

またルテインには「フリー体」と「エステル体」の二種類があります。

フリー体ルテインとエステル体ルテイン

「フリー体ルテイン」は、脂肪酸を取り除いて
人の体内にあるルテインと同じ成分にしたもの。

「エステル体ルテイン」は、精製が不十分で脂肪酸がついたままのもの。

なので、「エステル体ルテイン」を摂取した場合には、
余計なストレスがかかり、体によくないです。

また「エステル体ルテイン」は吸収が悪いので、
含有量は多くても、実際に摂取出来る量は
かなり減ってしまいます。

 

「より安全な」ルテインを見分ける方法

安全なルテインを見分ける方法。
それは米国ケミン社の「FloraGLO(R)」(フローラグロー)を目印にすることです。

ケミン社のfloragloルテイン

ケミン社では、インドのマリーゴールド専用農場で栽培し、
アメリカの工場で精製しています。

管理を一括、厳しい毒性試験やアレルギー反応の試験も行い
特許も取得しています。

その為、この「FloraGLO」製法のルテインを
採用しているルテイン商品は増加しています。

 

一番、摂取しやすくて安心の「ルテイン」商品は何か?

ケミン社の「FloraGLO」ルテインを採用している中で
毎日の摂取のしやすさ、値段、安全性、その他の効果を鑑みて
一番オススメ出来ると思ったのが、
ひとみの専門店「朝のルテイン&プラセンタ」です。

ルテイン&プラセンタでガン予防と眼病予防

ルテインとプラセンタで疲れ目回復

つるんとしたゼリータイプで摂取しやすく
味もおいしくて長続きしています。

粒を飲み込むタイプのサプリは
正直、毎日続けるのが苦痛でした。

「ルテイン&プラセンタ」はマンゴー味で美味しい。
試しに「マンゴーゼリー」として出したら喜ばれました。
高級マンゴーゼリーです。

「ルテイン」で検索すると、安いものもあります。
が、値段と品質はやはり比例するもの。

成分量と品質がそれなりで
かつ、続けられるものが一番ですね。

 

「朝のルテイン&プラセンタ」の長所と短所

こちらをとりはじめて、目の痛みが少し和らぎました。

紹介した友人は「頭痛が減った」と言っていました。

美味しいルテイン

「朝のルテイン&プラセンタ」には一日一本分で
人参77本分のルテイン40mgが入っています。

スクラロースなどの人工甘味料も使っていないのも嬉しい。

でも女性向けの一番のポイントは
肌にいいということ。

美容のプラセンタが、たっぷり入っている為か
飲み始めてすぐに肌の弾力の違いに気づきました。

他人はわからないくらいの微妙な差ですが、
化粧水をつける時の手触りで自分にはわかる。

美容のプラセンタ成分だけでなく
ルテインが水分量・脂質料・弾力性をアップ!してくれてるんです。

ルテイン&プラセンタ体験

欠点は値段が少し割高なことかな。
定価だと一日一本300円弱。

でも将来のガンの危険性を減らし、
医療費を削減すると考えれば必要経費?

エステや高級美容液は肌を外側を整えますが
ルテイン&プラセンタは内側から。
それも美容が主目的でないんですから。

 

ダイエットとルテイン

「蒟蒻ゼリーダイエット」チャレンジしたことあります。

一つ一つのゼリーの大きさが小さいし
たくさん食べるんじゃ意味ないし挫折しましたが。

でも、このゼリーは意外にボリュームがあり
朝はこれ一本で十分です。

昔習ってたヨガの先生が
「朝は排出の時間だから固形物は摂らない」と言ってました。

実際、朝食を食べないと体重が減る。

固形物を食べないと胃がすっきりし、
自然な排出もあるんです。
コーヒーを一緒にのめば更に効果的。

「ルテイン」で抗酸化&美容&健康!
生き生きと元気な目をキープするコツです。

 

<まず、サンプルを試したい方>
目のサプリメント 「朝のルテイン&プラセンタ」【500円モニター募集】はこちらから

 

<半額でゲットしたい方>
9800円が3920円。その後は20〜30%オフ。
朝のルテイン&プラセンタ

 

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ