花粉症です。眼をこすると視力が悪くなるって本当?

sick_juketsu

<広告>


花粉症から目を守っていますか?

花粉症の季節が段々近づいてきましたね。色々な対策法はありますが、鼻や咽に比べて対策を取りづらいのが眼。

私は春のスギ、夏のイネ、秋のブタ草。ほぼオールシーズン何かしらムズムズしてしまうため、年中マスクをして過ごしています。それで咽と鼻は多少守っているのですが、花粉から守られていないのが眼!そのせいか、鼻はそれ程でなくても、夜になると目が開けていられなくなるほど辛くて辛くて・・・。

でも、最近は子どもの方が花粉症がひどいんです。周りのお子さんでも花粉症でない子を探す方が大変なくらい増えてきています。

 

目をこすると視力が落ちるって本当?

子どもって、痒いと遠慮なく目をこすってしまいますよね。そんな子どもの頃に「目をこすると目が悪くなるよ!」って親に脅されましたが、その噂が本当かどうか調べてみました。


目をこする

角膜が傷つく

角膜を治そうと白血球が集まってくる

角膜が濁って見えにくくなる

更に目をこする

という悪循環に陥りやすいんだとか。見えにくいということは無理に見ようとして目を細めたりすることも増えるわけで、乱視などの心配も出てきます。

でも、子どもに「目をこすらないのよ」と何度言って聞かせたって、怒ってみせたって、かゆい時はやっぱりこすってしまいますものね。それも運動場で遊んだ後の超汚い手で!!・・・ならその前に防護する方が正しいですよね。

 

可愛いくてオシャレな花粉カットメガネは?

が、花粉症防護マスクはあるけど、ゴーグルみたいでオシャレじゃないからつけたくない!
・・・なんて思っていたら、可愛いものを見つけました。PCメガネで有名なJINS が花粉メガネを出してくれていたんですね。これ、可愛いです。

jins3

私は元々 JINS の PC メガネを2年近く愛用しているのですが、この PC メガネが実はかなり使えます。

私の PC 使用時間は一日6時間以上。 作業中はずっと JINS PC メガネを付けてますが、確かに眼が楽になりました。「あれ?眼が痛い気がする」なんて時は大概メガネを忘れている時で、慌ててメガネを取りに走ります。

メガネなのでフレーム枠は目の端に映って見えていますが、あまり気になったことはありません。メガネ自体がすごく軽いので、付けていることを忘れて外に出てしまったことも。そして一番のポイントは、長時間つけていても耳の後ろが痛くならないこと。それで3990円なので、ものすごくいい買い物をしました。

 

JINS の花粉カットグラスってどうなの?

だから、花粉用のメガネもかなり期待しているのですが、どうなんでしょうか。サイトの広告によると、2014年モデルは、2013年モデルよりも横から見た時に目立ちにくく、より自然なメガネに近づいているようです。

そして何より、その花粉カット率が魅力的!裸眼を100%とした時、通常のメガネが51%花粉をカットしてくれるところ、JINS 花粉カットメガネだとなんと98%カットしてくれるそうです。

そして、これが最強ポイント!子供用アイテムが充実しています。子供用の花粉カットグラス自体が少ない中、ちゃんと子供用を作ってくれる JINS に感謝!

 

jins

 

花粉防護メガネは、通常フードがレンズの周りについていて、花粉がメガネを避けて目に回り込むのを阻止していますが、これってかなり危険。転んだ時などにフードが目や顔に刺さらないか心配だったのですが、子ども用 JINS 花粉Cut グラスには、なんとラバーカバーがついています!(感動!)

ラバーカバーがフードの顔に当たっている部分を守ることで、フードが顔や目にあたって怪我する事態を防いでくれるんですね。すぐ転んだりぶつかったりで怪我することの多いキッズには本当助かるアイテムです。

実際に店頭に行って買っていいんですが、前回、PCメガネを買う時にわざわざ店舗まで行きましたが、軽くかけて色を見ただけでサイズなんか合わせるまでもなく5分で終わってしまったので、今回はネットで買います。何色にしようかな。PC メガネを購入した時は室内だけだからと少し華やかにパープルを選びましたが、意外にシックで違和感がなく外に出ても変ではないので、JINS は割と華やかな色を選んでも問題なさそうです。

でも、ま、外出用だから茶系が多いですね。でも、その茶系も色々な種類があって選べるので楽しいです♩早速購入して試してみます。また後日花粉カットメガネのレポートをアップしますね。

ご興味ある方は、下のリンクから 「JINS 花粉 Cut」のページで詳細をご確認ください。

2000円以上購入で送料無料。JIN’s GLOBAL STANDARD オンラインショップ

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ