日照時間の短い青森県の子どもに低視力現象が……

<広告>


親子揃って視力が悪い理由

日照時間と視力

青森県では30年前から1.0以下の視力の割合が全国でもワースト3に入るくらいだったのですが、ここ最近では0.3以下の低視力の割合が特に増えてきてしまっているようです。(デーリー東北新聞

30年前ということは、今の小学生の親世代。その視力が悪いということは、遺伝が影響しているのではないかという意見もあるようです。確かに親が目の悪くなる環境で育ったなら、やっぱり子も目の悪くなる環境にいるのかもしれないですよね。

 

太陽と視力の不思議な関係

ただ、それ以外に、実は日照時間が関係しているという説も。

例えば、全国で目の悪い人の多い県は、北海道、秋田、青森、東京と続くそうです。東京は人が多いこと、中学受験などをする子も多く、また目に良い自然があるわけでもないので仕方ないですが、それ以外の3県は全部北国。。。つまり日照時間が短い地域。

逆に目の良い県というと、鹿児島、熊本、岡山。岡山なんて「晴れの国」と言われるくらい太陽が降り注ぐ地域。ただ、沖縄が意外に視力の悪い方10位以内だったのですが、これはもしかして紫外線が強過ぎるせいでしょうかね?

やはり太陽光は視力に大きな影響がある。とすると、太陽光が足りない時にはそれを補うようにすれば視力の低下はある程度防げるということですよね。太陽光照射で鬱にもなりにくく視力も低下しにくいと聞けば準備しない手はないです。

 

太陽光を照射する為に必要なもの

必要なものは太陽光対応のデスクライトのみ。ちなみに、太陽光と、LEDや蛍光灯は全くの別物です。ご注意くださいませ。太陽光用のデスクライトは普通の電気屋さんでは売っているのを見たことがありません。なので、我が家では眼育のサポートを通じて「ジェントライト」なるデスクライトを購入しました。Amazonや楽天でも売ってますよ。

このジ太陽光と同じ光の質で、目に優しくて気持ちもリラックスさせてくれます。もうすぐ春ですが花粉とPM2.5のせいで外出もしにくいので、家の中で自分に照射しながら鬱予防と視力回復に役立てましょう〜

目指せ、目ヂカラUP!!

 

詳しい仕様が知りたい方は、下の商品画像から商品詳細をご覧ください。
実際の使用レビューは ジェントライト・エリートを使用した感想 をご覧ください。

ジェントライトの詳細はこちら
商品詳細ページ。レビューでサプリが貰えます。


送料無料。Amazon ですぐ買うならこちら。

report

実際の使用感は 眼に優しい「ジェントライト・エリート」体感レポートのページ をご覧ください。

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ