増税前にテレビを買って視力低下を防げ

<広告>


テレビは離れてみた方がいいの?

よく「テレビは離れてみなさい」と言われますが、あれはどうしてなのでしょうか?
私も小さい頃によくそう言われました。

結論から言うと、それは昔よくあったブラウン管テレビは遠くから見た方が画面が綺麗に見えるから、というのが真実だったようです。

ブラウン管テレビは画面の粒が粗いので、離れて見ないと綺麗な色には見えないということのようです。でも、ハイビジョンはとても細かいから近くでも綺麗ですよね。

 

テレビを見るのに一番いい距離って?

ググってみたら、テレビの最適視聴距離というものがあって、ブラウン管テレビは画面の高さの5倍、ハイビジョンテレビは画面の高さの3倍とのことでした。

じゃあ、テレビからの距離は視力低下には直接の関係はなかったの?と思って調べてみたのですが、もちろん近距離で見るのは目に悪いです。近視になる一番の原因は、近い距離のものばかりをずっと見ていることですから。

でも、テレビに関しては、その画面との距離の前にもっと大切なことがありました。

「見にくいものを無理に見ようとすると目に悪い」

という大原則です。

それはつまり、テレビの距離云々ではなく、快適にはっきりくっきりと映像が見えることが一番大事。でも近距離はダメ。ってことは、近視になりたくないなら、なるべく大きめの画面をなるべく遠くから見るのが一番いいってことなんですね。

そこでハタと気付きました。我が家はテレビをそんなには見ないので、10年近くのテレビが壊れないままで頑張ってくれています。当時のシングルの大半がとりあえず持っていた14インチサイズのテレビ。これってPCのモニターより小さい。。。

目にかなり良くない環境でした。もしかして、この画面の小ささがこーぺーの近視を更に悪化させている?!

いい加減、もうそろそろ買い替えなきゃ……とは思っていたので、この4月の増税前に買いに行ってきます!

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ