お風呂でメガネ!裸眼だと危険な人、お風呂で読書したい人に朗報

<広告>


お風呂とメガネ

お風呂の時ってさすがにメガネ出来ませんよね。フレームが錆びてしまうし、熱にも弱そうだし落として割れてしまったらイヤだし。

そんな人に朗報です。お風呂用メガネがあるんだそうです。

「アイガンFORゆ」

微妙なネーミングですが、メガネの愛眼が作ったお風呂用メガネとのこと。

 

お風呂で裸眼は危険がいっぱい

実は私は大の温泉好き。温泉なら何時間でも入っていられるくらいなのですが、レーシックする前はかなり視力が悪く、裸眼になってしまうと足下がよく見えないので、かなり苦労しました。

一応、自宅以外の温泉や銭湯などはコンタクトレンズ着用で入浴してはいましたが、本当はお風呂の時ってコンタクト付けたくないんですよね。温泉の成分がコンタクトに悪い影響与えないかな、とか流れたどうしよう、とか。何より目が疲れるし本当は外したい。だってせっかく温泉に入っているのにリラックス出来ないじゃないですか。

それに、シャワーの位置とかお湯の温度とか、シャンプーとリンス、ボディソープの違いとか、下手したらお風呂の入り口や出口すら見えなくて難儀するんですよね。

初めての温泉だとまず何がどこにあるのかわからないから、さりげなく知らない人の後ろについて動かなきゃいけないんですよね。いつだったか、非常口のドアを開けようとしてしまったことがありましてね(遠い目)

それに露天風呂に行くのには扉が途中に絶対ありますし、その前後には段差もあるんです。その行程を通るには裸眼だとムチャクチャ怖いんですよね。ただでさえ滑りやすい所なのに、裸で滑って転ぶとか、まさに最悪だから絶対に避けたい!

結局、私はレーシックをして視力を取り戻し、裸眼で生活出来るようになったので、その後の温泉生活は快適になりましたが、レーシックする前にこのメガネと出会っていたら苦労が減ってたよなぁって思います。

 

「アイガンFORゆ」の特徴

「アイガンFORゆ」はまず、そのレンズが曇りにくい仕様になっています。だから、お風呂場でも大丈夫。湯につかっても大丈夫。(全く曇らないというわけではありません)

眼鏡をかけてお湯に入ってる人を見たら、もしかしたらびっくりする人もいるかもしれないですね~。あまり見ない光景ですから。

でも、いいんです。眼鏡をかけてて一番イヤなのは、その眼鏡のレンズが曇ってしまってカッコ悪かったり、拭わなくてはいけないということ。ということは、もしかしてこのメガネはラーメン屋さんでも威力を発揮するのかしら?ちょっと試してみたいわ~。

ま、注目を浴びるのがイヤな場合には、例えば露天風呂に入るために段差などちょっと足場の悪い所を歩く時だけメガネをつけておいて、露天風呂につかったらすぐに外してその辺に置いてしまえばいいのです。

え、外すのは怖い?踏まれたらどうするんだって?
大丈夫。この「アイガンFORゆ」は踏まれても壊れない弾力性を持っているんです。

リカーボネートという120度から130度までの熱に耐えられる素材を使用しているから、お湯に落ちても大丈夫だし、サウナでだって利用できる!サウナにあるテレビが見られるって大きいですよね~。目を細めなくてもいいんだ。

メガネといえばフレームとかの継ぎ目が錆びるんじゃないかと心配になる方もいるかもしれませんね。でも、この「アイガンFORゆ」はフレームに金属を使用していないので錆びる心配もなし

そして、何より値段が1,280円と安い!ただ、その分、カスタマイズなどはされていません。既製の度数しかありません。近視で4段階、遠視で1段階。温泉に出かけてお風呂で足を踏み外して骨折でもしたら、恥ずかしいし悲しいしお金はかかるしなので、それを避けるためと考えたら安いかも?

あ、「アイガンFORゆ」について、注意も書いておきますね。
「アイガンFORゆ」はあくまでもお風呂専用の視力補正用眼鏡なので、普段の生活での利用や長時間使用は止めてください、とのこと。

値段が1,280円と安く、既製の度数のみなので、あくまでもお風呂での曇り予防と危険予防と考えて使ってください、とのことでした。ま、責任は持てないわな。また、乱視が強い人や、左右の眼の度数に差がある人は、やっぱりちょっと難しいようです。

ちなみに老眼用の在庫がなくなっているようです。半身浴しながら読書する為に買う人が多いんでしょうね。お風呂も見られるしね!


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ