メガネはかけない方がやっぱりいい?

<広告>


キッザニアにて裸眼でお仕事してきました

昨日キッザニアに出かけてきました。キッザニアってすごく混むので朝の4時半起きでおにぎり作って家を飛び出しました。何とか約束の時間に間に合った!と、こーぺーの顔を見て「ハタ」と気づきます。

メガネ忘れてきた!!

キッザニアは夜の町なので照明が暗いんです。そんな所で裸眼でお仕事~?それじゃあ全く見えないんじゃないのー???

でも友達と合流してしまったしもう帰れるわけもなく、仕方なくそのまま出かけました。息子の視力はまだ多分0.2から0.3。さすがにほとんどボヤけ視界のはず。でも友達と一緒にいる時は近くの友人の顔しか見てないせいでしょうか。目を凝らすこともなく、現地に到着。

好きなことならば苦労を厭わない

人間、好きなことをやっている時は苦労が苦労ではないようです。

キッザニアは東京で3、4回、甲子園で3回目ということもあり、何をやるのか、どんな流れで進めるのがいいのかよくわかっている為か迷いなくスイスイと友達と走り回っています。

とってもイキイキしてる。

久々に外でも裸眼のままの息子を見ましたが、やはり私的に確信しました。裸眼の方が自然。写真もいい顔で撮れています。

遠くから様子を見ていた感じでは、目を凝らすこともほとんどありませんでした。文字を読む必要がほとんどなかったせいかもしれませんが、それでもカメラを撮ったり、新聞社で記事を打ったりなどはあったので、目は使うはず。

生き生き伸び伸びしている息子を見て思ったこと。勉強なんて出来なくてもいい。読書もしなくてもいい。メガネをしなくても目が普通に見えて、友達と元気に飛び回れればそれでいい(涙)。

この日は息子は読書を1ページもすることなく、帰宅後は疲れ果ててバタンキュー。視力を測るヒマもありませんでした。でも多分、悪くはなっていないでしょう。


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ