メガネがここまで嫌いな理由

<広告>


メガネが必要だった子ども時代

メガネは嫌い

私は祖母から遺伝的に斜視を持っており、 また乱視もありました。特にひどかった斜視の手術をするべきかしないべきかで父母は悩んでいて、何度も大きな病院に連れて行かれて検査をしました。手術の最終決断は私にゆだねられた記憶がありますが、子どもなので当然「手術は嫌だ」の一言。

それで、手術をしない決断をしたかわりに差し出されたのがメガネ。小学校2年生の夏からメガネをかけなくてはいけないことになりました。最初に学校に行く日がとにかくイヤでした。「メガネをからかわれないように注意してほしい」と連絡帳に書いてもらった記憶まであります。

 

メガネのハンパない違和感

中学生くらいになると皆段々視力が悪くなってくるので、授業中だけはメガネをつけたりする人も多いと思います。メガネを最初につけた日のことを覚えている人は結構いるのではないかと。

昔はメガネが今ほど軽くなかったですし、私の場合は特にレンズが分厚かったので、金魚鉢を覗いているみたいでした。鼻のところにも重みがあってただでさえ低い鼻が更につぶれる。耳の後ろもキリキリ痛くなる。最悪でした。

そして、メガネの何が一番違和感を感じるかって、あの外界との遮断感覚。 周りの友達は素直にのびのびと世界を楽しんでいるのに、自分だけ箱の中に閉じ込められたようで。そう、ロボットになってしまったような気分でした。

そして、写真を撮られるのがとても嫌いになりました。 特に集合写真が。 メガネだけがとても目立つのです。ちょうど「Dr.スランプアラレちゃん」がアニメをやっていたくらいの時代です。そっくりの赤メガネのおかげでアラレちゃんも大嫌いになりました。

 

メガネは性格も左右する

高校、大学くらいになれば、カッコイイ眼鏡男子やかわいい眼鏡女子もいると思えるようになりますが、小学校低学年にそれは無理。体育でのマット運動や鉄棒でも邪魔だし落ちるし。水泳で眼鏡を外すと別人扱い。

思えば、メガネをかけ始めてから性格も大人しくなった気がします。そしてそのイメージに合うように読書や勉強をするようになったようにすら感じます。(多分、元々読書は好きだったのでしょうけど)

結局、中学生くらいになったら何とかメガネ無しでも生活出来るようになったので嬉々として外した記憶があります。 が、すぐに近視になり、今度は近視用メガネを作らなくてはいけなくなりました。

ちなみに、その時に近視になってしまった原因は明白です。漫画を隠れて読んでいたのです。それも暗闇で!勉強するフリをして漫画を読んでいました。そして親が見にくるとコッソリ隠してまた悪い姿勢で読むのです。そりゃあ目が悪くなるはずです。

というわけで、その後はコンタクトレンズにしたり、レーシックをしたり。今は普通の人と変わらない程度の視力を持っているものの、目と視力というものに、私はとてもコンプレックスがありました。

だからこそ、子どもの目は気をつけていたのですが、それでかえって失敗しました。。。(詳しくは、我が家の視力低下事情をご覧ください)

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ