ショボショボ疲れ目。その痛みと暗さは「スマホ老眼」かも?

 

40代からと言われる、目の老化「老眼」。

でも今は20〜30代にも目の老化が増えているそうです。
そして下手をしたら子供にも・・・。

最近聞く「スマホ老眼」

スマホを長時間使っていると
夕方くらいには目がショボショボとして

近くのものを見るのが辛くなる。
遠くもぼんやりして見えない。

近視&老眼のダブル症状が出てしまうことです。

一晩眠れば治るから大丈夫と思ってませんか?

 

<広告>


スマホ老眼の不快な諸症状と、かかり始めの若年齢化

  • 目がショボショボする
  • 霞んでみえる
  • 肩こりがひどい
  • 目の奥に痛みが残る
  • 物が見えづらい
  • 慢性的に頭痛がする
  • 気分が悪くなる
  • 視界が暗い気がする
  • 外の光が眩しく感じる

これらの症状があるのに、
具体的な対策をせずに放っておき
今までと同じようにスマホを使っていたら

視力の急激な低下
老眼の進行がスピードアップ
見えているつもりが見えなくなっていて
最終的には失明・・・なんてことも。

実際、老化の代表選手
「白内障」「加齢性黄斑部変性」など
眼病の予備軍が、若い世代に増えているとか。

白内障などは六十代、七十代の老人の話と思っていたのですが、
今は四十代、五十代での症例が激増していて
三十代の発症ケースも増えているそうです。

三十代のまだまだこれから働く世代が
視力が足りなくて職を失ったりしたら?

身体は元気でも失明したら、
道を歩くのすら困難です。
家で仕事しようにも、目が見えないのでは
出来ることがひどく限られてしまいます。

考えたくないですね。

スマホがこれだけ浸透し始めてからまだ数年。
ということは、子供たちが大人になる頃は
一体どんなことになるんでしょう?

心して自衛しましょう。

 

「スマホ老眼」に陥りがちな人

わかっていても、ついスマホを手放せない。

スマホゲームがやめられない。

連絡がLINEで来るから追いかけないといけない。

スマホを使わないと仕事にならない人や、
スマホゲームでストレス解消してる人も多いですよね。

確かにスマホがないと生活が成り立たない。

どこかで「スマホ疲れ」を感じつつも
具体的対策が取れないのが現状ではないでしょうか。

私もそうです。
ヒマになるとつい見てしまう。

時計の確認がわりにチェック。
夜、暗闇の中で寝る前にチェック。
朝起きたら、とりあえずチェック。

スマホと疲れ目、スマホと肩こりの関係性を感じつつ
将来的な不安を持ちつつも、具体的な対策が出来ない。

そんな毎日です。

日常的に使用するスマホだからこそ
より工夫して活用することによって
将来的な目のトラブルを回避することが出来ます。

 

スマホ老眼、ひいては老化による眼病と手術を予防する簡単で具体的な5つの対策法

とにかく「スマホ老眼」は待ったなしです。

今日からすぐに出来る対策で、
早めに老眼&眼病予防を始めましょう。

ポイントは

  • 小さな決まり事
  • 継続的な実践
  • 健康にもよくて
  • お金がかからない

こと。


その五箇条は

  1. タイマーを持つ
  2. 壁時計を見るようにする
  3. 目によい食事をする
  4. 就寝時はスマホを遠ざける
  5. スマホは持ち上げて

に限ります。

それでは、次から一つずつ説明していきます。

1. 「タイマーを持つ」

1回のスマホ使用時間に制限をかけます。
ゲーム、LINE、メールにかける時間を決めるのです。

kitchen_timer

タイマーをかけて時間を制限すると
不思議と集中力が上がり、必要作業は十分こなせるのです。
ダラダラ見、何となく、が減ります。

自分の中に、強制的な終了理由が出来るので、
気持ちも切り替えやすい。
目をスマホから離すことが出来ます。

タイマーのセット時間ですが
ずばり20分がオススメです。

まだ続けたいと思っても、とりあえず5分休憩し
目をスマホから離して、トイレ休憩なりお茶を飲むなり
意識的に少し遠くのものにピントを合わせてから
再度20分のタイマーをかけて作業を再開しましょう。

 

2.「壁時計を見るようにする」

「遠くの山を見ると視力が回復する」とは
昔からよく言いますよね。

これは何故か?

遠くのものと近くのものを見分けることによって
目の筋肉が鍛えられるからです。

「ものを見る」とは対象物にピントを合わせて
はっきりと見ること。

近視とは目の筋肉が伸びてしまって、
遠くにピントを合わせられなくなること。

老眼はより近い距離へのピントを合わせられなくなること。

どちらも筋肉の凝り固まりから発生します。
ということは、逆に筋肉を鍛えれば改善されるということ。

というわけで、
違う距離のものを意識的に見るよう心がけることで
筋肉を鍛え、老化を予防するのです。

寝たきりだと老化は更に進むもの。
ジョギングやウォーキングで老化を予防するのと同じですね。

 

3.「目によい食事をする」

目によい成分は、昔から言われているように「カロチン」

人参やほうれん草など、いわゆる「緑黄色野菜」です。

でも、このような色の濃い野菜を大量にとるのは
結構難しいこと。

肉が少なく、野菜で食事の大半をまかなっていた昔の食事に比べ
今は肉がメインで、そこにちょこっと野菜がそえられる程度。

意識的に摂取しないと、必要量には到底達しません。

ブルーベリーも有名ですが、
私のオススメはルテインです。

ルテインとマリーゴールド

ルテインは眼病予防だけではなく
老化の主原因といわれる「活性酸素」を排除して
目だけでなく、身体全体を健康に保ってくれます。

詳しくは「「ルテイン」でガン・眼病予防&美容ダイエット」を参照ください。

 

4.「就寝時はスマホを遠ざける」

夜、暗い部屋の中でスマホ画面を見るのが
目に更なる悪影響を与えるのは簡単に予想出来ますよね。

「本を読む時は明るくしなさい」

よくそう言われる通り、
明るい場所に比べて、暗い場所では
目への負担が大きいです。

「スマホが光を発しているから大丈夫」

そう言う方もいらっしゃるでしょうが
それはとても危険です。

「太陽を直接見てはいけない」

こちらもよく言いますね。
これは何故か。
光が強すぎるからです。

小学校の理科で習う目の構造の一つ。
「虹彩」は目の中に入る光の量を調整してくれます。

スマホのLEDライトはかなり強力です。
いわゆる「ブルーライト」が直接、
それも近距離から目に突き刺さるのです。

LEDは真っ直ぐ届き、太陽から届く光とは
まるで性質が違います。

*「勉強机のライトはLED と蛍光灯のどちらがいい?」を参考に。

目に良いわけがありません。

と言いつつ、私もスマホを目覚まし代わりに使用していたりするので
なかなかスマホを手放せません。

夜に寝ている時に地震でもあったら
スマホは懐中電灯代わりになります。
何かの異常時には緊急連絡も出来る。

防犯上、常に携帯する癖がついていて
手放すことはなかなか出来るものではない。

そういう方にオススメなのは
バックライトの光の量を調整して
画面を暗くすることです。

どうしても暗い所で使わなくてはいけない場合は
発光量を一番少ない状態にします。
設定で自動調整することも出来ますので確かめてください。

でも、一番いいのは画面を見ないことですからね〜。

 

5.「スマホは持ち上げて、肩を回しながら笑顔で」

「スマホ巻き肩」なんて言葉もあります。

「スマホ老け顔」って言葉も。

スマホをいじっているときは、
下を向き、目線を落とし
猫背で微動だにせずにいるので、

顔は無表情で
身体は老人のように丸まって

そのまま固まっている為に、
顔の筋肉が動かず老け顔になること。

そして肩も動かさないので肩こりがひどくなり
姿勢も悪くなり不健康になるってことです。

というわけで、スマホをいじる時は
意識して目線が上になるように持ち上げて

また、左右で持ち替えたりして
使っていない腕は回してみたり。

右利きの人が左手で操作するのは難しいでしょうが、
普段使わない左を使うことで、脳も活性化します。

脳が活性化するということは、
つまり視力もよくなるということ。

そして、目線が落ちた状態で
筋肉が緩んでいたら?
「老け顔」への早道ですよね。

意識して笑顔で楽しそうに
スマホを左手で持ち上げましょう。

「禁スマホ」が難しいからこそ
毎日の少しずつの心がけが目を救ってくれます。

 

目から光を失わないで「スマホ老眼」と上手に付き合う

「老眼だから仕方ない」と半ば諦めている40代の人も多いでしょう。
また、「自分はまだ老眼ではない」と信じたい人も。

知人に「目が大切だ」と話したら
「でも、眼科に行って、メガネを作ればいいじゃん」
と笑われたこともあります。

目の症状は、徐々にゆっくりと進むものだと思われていました。
実際、自分ではあまり目立って自覚するものでもありません。
「耐えられないほどじゃない」と、つい見逃したり先送りしがち。

でも、ここ数年のスマホブームだけで
これだけ急激に症状の悪化が社会問題になっているのです。

どんなに身体がピンピンしていても
目から光が失われたら
世界から入ってくる情報が激減します。

大好きな本も漫画も
映画もドラマも
家族や友人の顔も
後ろから迫る危険なものも

全て見えなくなってしまいます。

やるとやらないでは天地の開きがあります。

10年後に。
いや、3年後に泣かない為に、
今この瞬間から、出来ることを出来る範囲で頑張りましょう。

以上、お節介&自戒の念もこめて熱く綴ってみました。

とりあえず、タイマーは友達です。

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ