ワックの機械で視力は回復できる?

<広告>


ワックは視力を回復させてくれる機械なの?


これはワックではないけれど。。。

ワック。視力回復に興味のある方なら聞いたことのある言葉と思います。疲れ目や近視改善に効果があると、眼科に設置されている機械です。ホームワックは、その眼科用機械の家庭版。

5分ほどその機械を覗き込むことで、近視を改善したり疲れ目を軽減したりするトレーニングになるそうです。私も昔子どもの頃に見たことがありますが、綺麗な景色が映し出されるのをぼんやりと見た記憶があります。

 

ワックの本来の使い方

ワックの正式名称は「両眼視簡易検査機」

あれ?検査?回復じゃないの?

そうなんです。ワックというのは、この検査用機械を作っている会社の名前だそうです。

長時間の目の酷使などで目が疲れていると、実際の視力よりその時の視力は落ちていますよね。でも眼科では本来の患者さんの視力をはかってカルテに残しておきたい。

そこでワックは、眼科で検査を行う際に
「近視や眼精疲労を起こしている人に遠視用のピントの合わない状態を見せることで目の緊張をとき、本来の正常な視力を図る為の機械」として開発されたんだそうです。これ、「ミドリンM」とほぼ同じ目的ですよね。

目薬ミドリンMは本当に視力を回復してくれるのか」はこちら

 

ワックもミドリンMも対症療法で改善はしてくれない

ワックもミドリンMも、目の状態を強制的に変化させることによって、近視に傾きかけていた目の使い方が変化します。近視の状態が一時的な疲れなどによるものであれば本来の視力に戻るので、視力がまるで回復したように見えますが、それって元々自分の視力。

そして一時的な疲れでなく慢性的な近視としてほぼ定着しつつある場合には、機械や目薬で無理矢理戻そうとしてももう戻りにくくなっています。続けても効果がどんどん薄れていくということ。それは、初めてだと良く効くのに、慢性的にのんでいると効かなくなってくる飲み薬と同じ……。

そして、どちらにしても本来の視力に近づけるだけで、視力を回復させてくれるわけではないんです。視力が落ちるような生活を続けながら、機械や目薬が視力を上げてくれることを祈るのは根本的に間違っている、ということ。風邪薬のように一時的な不調をガツンとやっつけて後は身体を強くするしかない。

基本的に、医療機関で処方されるものは対症療法でしかなく、積極的な改善ではないのでそれに頼りすぎないようにした方がいいと改めて思いました。通院した回数だけお金もかかるし、それに段々回復効果も弱まっていきジワジワと視力が落ちていく。

でも、これだけ眼科に通ってるんだからいつか視力は上がるはず。そう信じる日々。でも、そんなある日言われるんです。「そろそろ眼鏡にしましょう」と。そして、あれよあれよと言う間に眼鏡生活が始まってしまいます。でも、眼鏡をかけると近視が進んでしまう。そんな噂は聞いたことないですか?

眼鏡をかけると近視が進む?」につづく

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ