『仮性近視』と言われた時に注意すること

<広告>


『仮性近視』はどう対処すれば近視にならないのか?

ganka_doctor

眼科医のクリニックの世界では

  1. 筋肉運動(ワックなど)
  2. 目薬(ミドリンM)

の2つが効果があると言われて、実践されています。

眼科で治る近視と治らない近視

私が行った眼科医ではワックは扱っていないようでした。視力検査後、問診の時に眼が悪くなりだした時期や子ども両親の視力を聞かれました。そして、その直後「もう仮性近視の期間を超えているから近視だ。メガネをかけなさい」と断定されました。

メガネがイヤだった当時の私は何とか「仮性近視かも知れないから」と引き下がって、仮性近視用の目薬(ミドリンM)を処方されて帰りました。それで試してみたのですが、結局それは間違いだったし、この眼科医に行ったことも間違いだったようでした。それより何より、視力低下から時間が経過してしまっていたことが一番最初の失敗でした。

全て体験したからこそ書きますが、眼科で確かに仮性近視は治ります。でも、それは治るように見えるだけです。眼科以外の対策を何も取らずに根本的な治療(視力の回復)に繋がる例なんて、本当に稀なのです。

 

仮性近視から正常な視力に戻る方法

仮性近視から抜け出して、本来の良い視力に戻る方法は、結局日々の習慣を眼に良い状態に整えることしかありません。そして、積極的に眼を守っていくことです。

私が眼を守る具体的な方法について調べる中で、とても勉強になったことがありました。子どもの近視は「成長」と「遺伝」が近視の進行要因として大きく絡んで来るということです。避けられないと言っても過言ではありません。だから、積極的な対応が必要なのだと、その時にやっと理解しました。

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ