新学期とメガネのタイミング

<広告>


新学期とメガネのタイミング

 

 

冬、気付いたら視力が落ちてしまった
って人も多いかと思います。

冬は光の量も少ないし、乾燥してるし、
寒いから家の中に閉じこもってばかりだし
どうしても目の負担が大きくて、視力が落ちやすいのです。

そして、春のこの花粉の季節、
アレルギーのお子さんは目をこすってしまい
更に視力が悪化なんてことも。

ちなみに、花粉対策としては
裸眼よりはメガネの方が
やっぱり微妙に目を守ってくれてると思います。

もちろん花粉 Cut メガネならより安心ですが。

 

健康診断の前に

春の健康診断でB判定、C判定を突然取ってしまう人も多いのですが
ほとんどの人は「ああ、やっぱり」と思うようです。

視力が落ちているだろうことに薄々気付いていながら、
それに気付かないフリをしてしまうんですね。
そうあって欲しくないから。(我が家の失敗参照)

ですが、五月以降にわかる学校の眼科検診でみつかるよりは
対策を取れるなら取った方が良いです。
目を細めるようになってしまったら、そちらの弊害の方が大きいのです。

詳しくは、目を細めることの弊害を参照ください。

 

メガネをかけ始めるタイミング

新年度の入学式、クラス替えタイミングなら
あまり目立たずにすんなり切り替え出来るのでオススメです。

春休み中はのんびり裸眼で過ごしているかもしれませんが、
学校が始まる前に少し慣れておくのもいいかと。

ただ「新学期」というだけで
ストレスを感じてしまうお子さんも多いので、
それにダブルで「メガネ」のストレスをかけるのも可哀想。

そんな場合には、少し学校に慣れてからでもいいかもしれません。

ただ、放っておいても視力が勝手に戻ったり
上がったりすることはほとんどなく、
対策が遅ければ遅いだけ弊害も大きいのが現実です。

忙しい時期かと思いますが、
早目の対策でお子さんの目を守ってあげてくださいね。

花粉も紫外線も視力も。
大変ですが、頑張りましょう!

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ