子供用(小学生)メガネを作る時に気をつけること

子供用(小学生)のメガネを作る時に留意すべき点について
以下に記載していきます。

  • 顔の幅は成長と共に広がる
  • 目の中央にレンズの中央が来るように
  • レンズが傷つきやすい
  • 扱いが雑だとフレームが歪む
  • 視力低下は年齢と共に進みがち
  • 遠くの視力、近くの視力を使い分けるべきか

順番に説明していきます。

子供用メガネの選び方

まず、恐ろしい話ですが、子供の視力は低下の一途をたどっています。
これは親の世代の視力低下など目ではないくらいに
物凄いスピードで進みます。

病気、環境の急な変化などによる
一時的な視力低下は一般に仮性近視と呼ばれ、

眼科では、「ミドリンM」などの検査用目薬を使って
毛様体筋を強制的に収縮させて目の筋力の回復を図ります。

(ミドリンMについては、「目薬ミドリンMは本当に視力を回復してくれるのか」をご覧ください。)

そして、視力は

  • 視力低下に陥ることになった原因が除かれた場合
  • 視力低下からの時間が短く、目の筋力が復活した場合
  • 生活習慣を改善して目に良い生活を続けられた場合

に、無事に回復されるのですが、

残念ながら、周りのお子さんを見ている限り、
ミドリンMで僅かに視力が戻ったように見えても、
その後、ほとんどのお子さんが、スピードの違いこそあれ
徐々に視力が低下しているようです。

視力が低下して目を細めるようになったら、
すぐに対応した方がいいでしょう。

目を細めると角膜がよれて乱視になりがちです。

「目を細めてはダメ!」
と親がいくら注意した所で、親の目の届かないところで
どうしても目を細めてしまいますから。
(年齢的に「いけない」という自覚が子供の中にあったとしても)

また、実はそれよりも恐ろしいのが
「はっきり見えてない」状態に慣れてしまうことなのですが、
それについては、またお話しさせてもらいます。

 

<広告>


子供用のメガネを作るには、まず何から始める?

それでは早速、子供用のメガネを作る時に注意する点についてですが
まず、眼科に行くか、メガネ屋さんに直接行くか、については
意見の分かれる所です。

単なる視力低下だけなのか、
他に潜在的な目に関する問題がないか、
それを判断出来るのはやはり眼科です。

ですから、本来は眼科に行って
目の正確な状態を確認した方がいいでしょう。
眼科で処方箋を出して貰い、それを持ってメガネ屋さんに行くという流れですね。

でも、メガネ屋さんに直接行っても
眼科にあるような機械が備えてあり、
同じような目の検査は出来るようです。

また、処方箋があっても、
基本的にはメガネ屋さんで実際にレンズを
あれこれ試してからオーダーとなるので
メガネ屋さんだけでいいという考えもあります。

また、処方箋があると「それに合わせないといけない」と
レンズのテストをせずにオーダーに入るお店もあるという噂も。

この場合は、眼科でのレンズ調整をやってくれた
看護師さん?助手さん?の腕次第になりますが、
混んでる眼科だと、
あまり丁寧には見てくれない場合もあるような…

なので、一概に「こうすべき!」という方法はなく
眼科なりメガネ屋なりの対応の様子をよくよく見て、
ご自身で判断するのがいいかと思います。

 

子供用メガネを買うお店の選び方

で、次にどこのメガネ屋さんに行くか、ですが
これがまた悩む所ですね。

「すぐに壊れるから」
「すぐに買い換えなくてはいけないから」

と、値段が安いことを優先したら
意外に長持ちした。なんて話もありました。

最近増えた一律○○○円!のメガネ屋さんならと思ったのに
オプションを付けたら意外に高くついたり。

チェーン店も色々ありますが

  • メガネの愛眼
  • メガネのパリ・ミキ
  • メガネスーパー
  • こどもメガネあんふぁん

何が違うのかよくわからないし。

それとも近所の商店街にあるような
昔ながらのメガネ屋さんの方が技術が高いのでは?

などなど悩みは尽きないですね。

ですがメガネ屋選びに関しては、正直な所正解はありません。

メガネを作る時は基本的にはその場で
レンズをあれこれ交換しながら
イマイチはっきり答えられない子ども相手に
「どっちの方が見えやすい?」と根気よく聞いて
一番よいと思われるレンズを選んで貰う必要があります。

だからメガネの度を調整してくれる人によって
選ばれるレンズも違う可能性があるということに。

同じチェーン店でも、丁寧に見てくれる人と
処方箋通りにレンズを調整する人がいるでしょう。
適当にこなす人がいないとは限らない……

また、
「はっきりとよく見えた方がいい」
と思っている店員さんも
「少し弱めの度にした方がいい」
と思っている店員さんもいるでしょう。

なので、面倒ではありますが、
自宅の近所で、ある程度目処をつけて

  • フレームの種類がある程度揃ってる
  • 丁寧に応対してくれる

など、実際に来店して「感じの良さ」などから
相性のいいお店で買うのがいいでしょう。

メガネがどのくらい長持ちするかも
実際のところはわからないですしね。

お子さんが意外に丁寧に扱っていたり
うっかり、すぐに壊してしまったり
視力の低下が激しくてすぐに使えなくなったり

消耗品だということは覚悟した上で、
可能な範囲でなるべく良いものを選ぶのがいいかと思います。

 

「子供用(小学生)メガネを作る時に気をつけること、その2」へ

 

<以下、子供用メガネ作成の流れとまとめリンク>

「子供用(小学生)メガネを作る時に気をつけること、その1」

「子供用(小学生)メガネを作る時に気をつけること、その2」

「子供用(小学生)メガネを作る時に気をつけること、その3」

「子供用(小学生)メガネを作る時に気をつけること、その4」

「子供用メガネで矯正したのにC判定(「弱視」「ロービジョン」の恐怖)」

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ