子供もレーシック手術を受けることは可能なの?

thumbnail_megane

 

「子供でもレーシック手術って受けることが出来るの?」

  • 子供のうちに手術してしまえば安心
  • 毎日のトレーニングをしなくていい
  • スポーツをやるときに怪我しなくて済む
  • メガネをかけなくていい
  • コンタクトのケアが子供には出来ない

なんて考えて色々調べてみたのですが、18歳未満だと視力回復手術は基本的には受けられないそうです。また、クリニックによっては20歳未満はダメって所もあるようです。でも、条件によっては18歳未満でも受けられる場合もあるとか。

 

<広告>


子供の成長と近視の進行とレーシック

どうして基本的には18歳以上なのか?というと、子供はその身体の構造上、近視がどんどん進行する途上にあります。(赤ちゃんは遠視で生まれてきます。それが身体の成長と共に段々近視になっていくのです)

なので、子供の時にレーシック手術を受けて視力が回復したとしても、またそこから近視が進んで行ってしまうのでやった意味がない、ということになってしまうんでしょうね。

ただ、レーシック手術は複数回受けることも出来ます。ただし全員が複数回受けられるわけではなく、角膜の厚さが分厚い人などの条件があります。私も過去にレーシック手術を受けました。そして、その時の検査で「レーシック手術を2回は受けられそうですね」と言われました。だから、もし視力が落ちてしまってももう一回チャレンジすることができるんですね。

なので、どうしてもの理由がある場合などには、まずクリニックに相談してみましょう。もちろん、あんまり小さなお子さんだと門前払いで無理かと思いますが、高校生くらいになっていて成長がほぼ止まっている、また角膜の厚さが十分にあることなどが確認出来たら、子供でも手術が可能になるケースはあるようです。

 

レーシック手術の適齢期

視力回復のためのレーシック手術のおすすめ年齢は、成長が完全に止まる20代後半か30代前半だそうです。これも実は人によって個人差があり、30歳過ぎても成長が止まっていない人がいれば、18歳でもしっかり止まっている人もいるんだとか。私は育児と仕事に毎日忙しかったちょうど30代前半で受けました。コンタクトの付け外しとケアやメガネの煩わしさから解放され、本当に世界が変わりましたよ。



 

私がレーシック手術を受けたのは、上の品川近視クリニックです。受けてもう5年以上が経過していますが、過酷にPC仕事をしていても両目視力0.7はキープ出来ています。一緒に視力回復手術を受けた夫はちゃんと1.0以上をキープしています。

  • 朝起きて、メガネを探さなくていい
  • 夜にコンタクトを洗わなくていい
  • 距離感をつかめず失敗することが減った
  • お化粧をするためにコンタクトをつけなくていい

などなど、とにかく楽になりました。楽になりたい大人の方にはオススメです。そしてご自分で手術を受けてみた上でお子さんのことを考えてもいいのかもしれませんね。

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ