トップページテスト

こんにちは、ナビゲーターの 諸葛亮孔明 です。
突然ですが、お子さんに対して
「こんな悩み」をお持ちではありませんか?

 

視力が悪くなってきた

集中力が続かない

成績がなかなか上がらない

いじめられたり、バカにされたりする

実は、上の4つの問題はどれも「目力」と深い関係があります。

具体的には、

  1. 視力が悪い = 目が見るべき情報を脳に取り込めません。
  2. 集中力がない = 目が見るべきものを見ず、脳が働いていません。
  3. 成績が悪い = 目が問題を読み飛ばしたり、勘違いを起こしています。
  4. いじめられる = 自信のなさは目に表れます。気迫で負けています。

これが、「目力」を物理的に精神的に向上させることで解決されるのです。

  1. 視力が良くなる
       ⇒ 物を正確に見る力がつき、大量に素早く情報を取り込めるようになります。
  2. 集中力がつく
       ⇒ 情報から状況を判断し、やるべきことにすぐ取りかかる行動力がつきます。
  3. 成績が上がる
       ⇒ 大量の情報の中から必要なものだけを取捨選択し、処理するスピードも上がります。
  4. 一目置かれる
       ⇒ 自らに備わった自信が、他者に対して不可侵な領域を作るためバカにされにくく、
         また例えバカにされても平気な強さが芽生えます。

では、具体的には、一体どうすれば「目力」はつくのでしょうか?

以下の手順で「目力」をつけるための方法をシュミレーションしてください。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ