「2週間で驚くほど目が良くなる本」で視力回復

<広告>


松崎五三男 著「2週間で驚くほど目が良くなる本」書籍レビュー

2週間で驚くほど目が良くなる本

キャッチコピーは「読むだけで速攻!視力回復トレーニング」

本屋さんで見つけたので、早速購入して読んでみました。

この松崎先生という方は信州大学の名誉教授なんだそうですが、人間の潜在能力を引き上げる研究を続け「松崎式視力増進法」を開発したとか。ご自身の視力を0.3から1.5に回復させたとのことなんですが、本当ー??と思いながら読み始めました。

で、この本は以下のような人に向いていると思いました。(独断と偏見アリ)

  • 大人
  • 蛍光灯を持っている人
  • 単純な筋トレが好きな人
  • 運動会系のスポーツ根性がある人
  • 無料で視力回復する為なら頑張れる人(本代は必要)
  • 毎日2時間の時間が取れる人
  • 2週間連続で頑張ることの出来る気骨ある人
  • ちょっとだけマニア

多分に独断と偏見を含んでますので、笑って読んでやってくださいね。詳しくは最後まで読んだ上でご判断ください〜

 

一日2時間のトレーニングを毎日2週間やることで視力回復

「一日2時間のトレーニングを毎日2週間やることで視力回復効果がある!」と書の中では謳われています。実際、ご自身の視力をアップさせておられる。
……でもね、大学教授ってね、やっぱりある意味マニアが多いんですよ。近親者にいたので知ってますが、なんというか地道にコツコツ研究を重ねることに喜びを見いだすタイプが多いのです。

ここで紹介されているトレーニングは本当に単純な筋トレなんです。色気はありません。楽しさもあんまりありません。
勿論、どんなスポーツでも基礎体力のない者が結果を残せるわけがありません。だから、本当に基礎の筋トレに意味があるということは頭ではわかってるんです。やっていることはそんなに難しいことではありません。1回あたりの量も少ない。でも、その同じ単純動作を延々と繰り返さないといけないという苦痛……。

  1. 明暗トレーニング2分
  2. 方向遠近トレーニング4分

上記を1日12セット。

  • 朝4セット40分
  • 昼4セット40分
  • 夜4セット40分

いやいや、そんなんやり忘れますって。余程の計画魔でも無い限り「さあ、朝ご飯の前に4セットだ!1・2・3!1・2・3!!よし、1セット終わり!次、1・2・3!1・2・3!!」……なんて普通は出来ませんから。だからマニア向けと書いたのです。そんな地道な努力が出来る人は自分にも他人にも厳しいので、「○○をしよう!」と思ったら出来る人です。だから大学教授なんですね。

でも、この2週間毎日2時間の筋トレをしっかりと間違いなく行えば、筋肉もそりゃあしっかり働いてくれるようになってムキムキに元気になって視力回復してくれるでしょう。運動会系のスポーツ男児だったら耐えられるかも。
でも、ごめんなさい。私は飽きちゃいます。毎日12セットもなんて出来ないー!

 

子どもと松崎式視力回復

書籍では、子供の視力に関しても一応軽く触れられているので、やっていけないことはないと思います。いえ、やっていいと思います。

が、子供にトレーニングの回数を強要するのはやめておいた方がいいと思います。だって、本当に単純な繰り返しになるので、回数をこなすのは大人でも結構きついんですもの。。。

我が家ではお風呂の中とかおやつを食べている時とか、心と時間の余裕のある時にちょっとだけやらせています。

例えば、子供の目の30cm前くらいに人差し指を立ててみせて

「はい、指の指紋を見つめてー」

と言って、そこから子供の眉間に向かって指をゆっくり進ませています。子供の目がかなりの寄り目になる所でゆっくり止めて、そこからまたゆっくりと元の位置に戻るまで。大体一日一回10往復させています。本は15往復って書いてありますけどね。

でも、たったそれだけでも結構目が疲れるようです。私もたまに自分に向かってやっていますが、かなり目が痛い。目の奥の筋肉がジンジンする感覚があります。寄り目って目の筋肉を使ってるんだなーって思いました。

小さい頃、「寄り目しないの!」と怒られたものですが、寄り目って本当は目のトレーニングにいいんですね。仮にも女の子であったので、ただ単に寄り目は変な顔だから可愛くないと怒られていたのかもしれません。

明暗トレーニングの方は割と喜びますね。子供って刺激は好きなようなので。ただし、蛍光灯やLEDの電球を直接見てしまうととても危険なので、これはトレーニングとして紹介するかどうか心配がつきまといます。

ちなみに、我が家はジェントライトという目に優しいライトでやっているのでそんな心配はないです。子供は刺激を求めるあまりに、たまに驚くようなことをやってくれちゃったりしますから、くれぐれも通常のデスクライトでは注意をしてくださいね。

 

視力回復を実践するには

というわけで、この視力回復法で確実に効果を上げられるのは大人!それも視力をどうしても回復しないといけない!と気合いを入れて頑張ることの出来る人、尚かつ2週間連続で毎日2時間の時間が取れる人!

それ以外の人の視力回復については、「驚くほど!」の効果は出ないけれども、ある程度の目の筋トレにはなるよとだけお伝えしておきます。勿論、やらないよりはやった方が遥かにマシですので、我が家はチマチマとやりますよ。

やっぱり、楽して無料で簡単に視力回復なんて、そんなオイシイ話はないんですね。

  • 楽を目指すなら有料のものの方が効果あり
  • 無料なら気合い120%が必要
  • 簡単なら時間がかかるので、効果が出てるかどうかよくわからない

ほどほどの努力で、そんなに値段が高くなく、楽しく頑張れる。結果は、まぁゆっくりノロノロと後からついてくる……そんなツールが私のような凡人には向いているようですが、せっかく購入した本。少しくらいは活用させてもらいますよ!

ワンコインで視力回復したい人にオススメ。

2週間で目が驚くほど良くなる本―読むだけで速効!視力回復トレーニング (王様文庫)

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ