自律神経と視力の怖い関係

<広告>


自律神経を整えるってよく聞くけれど…

katakori_man

自律神経のバランスが崩れると、風邪をひいたり肩こりがひどくなったりするって聞いたことありませんか?

逆に自律神経を整えると…

  • 綺麗になる!
  • 健康になる!
  • 朝起きられるようになる!

などなど、自律神経なるものを整えることで何だか色々いいことがあるみたいです。

 

自律神経ってなに?どんなことしてるの?

私たちの体内隅々まで張り巡らされている神経には2種類あります。自分の意志で体を動かすための神経(体性神経)と、もう一つが自律神経です。

自律神経は、自分の意志では動かせない神経です。内蔵、血管、汗、瞳などを無意識に動かしている神経で、つまり生命維持に必要な機能をコントロールしているのが自律神経ってことですね。

で、有名な「交感神経」と「副交感神経」はこの自律神経の種類になります。交感神経と副交感神経どちらを優位に立たせるかで、やる気を出したり、リラックスしたりと、切り替えることが出来るようになっています。

 

自律神経と目との微妙な関係

と、私もその程度は知っていたのですが、その自律神経と視力との間には深い関係があると聞いたので、詳しく調べてみました。

例えば、自律神経で調べるとよく一緒に名前が挙がる「眼精疲労」。この「眼精疲労」は、肩こりやめまいなども伴って起きたりします。風邪やインフルエンザにかかったと思ったら、実は「自律神経失調症」だった、なんてこともよくあるようです。

自律神経失調症はストレスや生活習慣の乱れなどによって、自律神経のバランスを崩してしまうことから発症しますが、これにかかると身体中のあちこちに異常が発生してしまうのです。

 

自律神経と視力低下は、直接の因果関係がある?

「目との関係はわかったけど、視力との直接的な関係は?」と思って更に調べてみました。

例えば、遠くがよく見える、度の強いメガネで近くのものを見ようとします。
すると、ピントを合わさなきゃ、と副交感神経が優位に立って交感神経を押さえ付け始めます。交感神経は、仕事や勉強に対してやる気を出すために働きますが、手元にピントを合わせるためには副交感神経を働かせなくてはいけない。それで度の合わないメガネをつけたまま作業をしていると強い眠気に襲われたり、やる気が出なくなったりしてしまうようです。

だから、手元を見る時にはメガネを外す。また、度の強過ぎるメガネはあまり使わない、などの対策をとることが重要になってくるようですね。

 

自律神経を整えるには?

自律神経を整える方法は色々ありますが、あまり薬は使いたくないですよね。まずは、自律神経のバランスが崩れてしまっているということを自分自身で自覚し、リラックス出来る時間を積極的に持つことが一番自然で効果が高いようです。

マッサージや入浴、体操、ヨガ、ハーブなどご自分の興味のあることから始めてみるといいと思います。お子さんの場合には一緒にゆっくりとお風呂に入って、その日にあった出来事なんかを意識的に傾聴する(ただ聞き流すのではなく、ひたすら耳を傾けるのがコツ)のが一番だと思います。

家事などをしている時だとどうしても聞き流してしまいますものね。(喋っている内容もウルトラマンだとかアニメの話とかで、興味持てないことも多いし…)自分もお子さんと一緒にリラックス出来る時間を持って、また元気に育児出来るようにしましょー!

我が家のオススメは足裏マッサージと、後頭部マッサージです。足裏は結構力を入れてムニムニしてあげて大丈夫ですが、後頭部は指で触る程度でも気持ち良さそうにしてますよ〜。イチロー父のように足裏マッサージを習慣にしてあげると親子のスキンシップになって反抗期も何とか乗り切れる…といいな!

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ