習い事で忙しくて視力回復が後回しになる

水泳・公文・そろばん・英会話・ピアノ。
それに、プログラミングも多少は習っておかないと。

今のこどもは大忙し。

遊ぶ時間も作ってあげないと。

でも、その遊ぶ時間に「ゲーム」や「マンガ」を読んでたら?

 

<広告>


眼のトレーニングを自主的にやる子などいません

gutspose_man

視力回復トレーニングを、自ら率先してやる子などおりません。

なので、やはり親がタイミングを見計らって「視力回復のトレーニングしようか」と声をかけることが大事です。

でも、グッズを取り出してきて、シートを準備し、呼んでもなかなかやって来ない子に「トレーニングしましょう」と呼びかけ続ける……。

そんなの親だって面倒です。家事をしていて忙しくて、ついうっかり忘れたりします。だから、あまり毎日コツコツ、にこだわると、親のストレスがたまってあまりいいことがないです。

実際、最初は物珍しくて頑張ってトレーニング時間を作っていても、段々刺激が薄れるにしたがって、忙しい日など親の頭の中から視力回復トレーニングのことがすっぽりと抜け落ちていて、

眠る直前になって、突然思い出して

「何で視力回復トレーニングやってないんだ!」

と子どもを責める始末。

そんなの、子どもが自主的に出来るはずもありません。

というわけで、視力回復トレーニングは毎日ではなく、 週に3回 くらいで大丈夫。

習い事などが入るとどうしても忙しくて毎日なんか無理。

だから「◯曜日は習い事が◯時に終わるから、◯時から視力回復トレーニングをやるぞ」と、あらかじめ曜日と時間をスケジュールしておいた方がいいです。

  • 「テレビを見たら、すぐにトレーニング」
  • 「お風呂の後に、寝る前にトレーニング」

など、物事の切れ目の時間だと子どもも動きやすいですよね。特にテレビの後は子どもも気分がいいので、ノリノリでやってくれます。

決まった番組を見ていれば、「何曜日の○○時」と時間帯が決まっているので、その番組とその後のトレーニングをセットにしてしまえば、もしかしたら自主的にトレーニングをやる「出来た子」が出来上がるかも!?

 

習い事と勉強と読書と遊びとトレーニング

それにしても今の子どもは忙しいです。どの子も週に1、2個は習い事に通っています。

学校の休み時間には校庭を走り回っているようですが、放課後の遊び時間は親世代に比べて極端に短い。

外で遊ぶ時間がたっぷりあれば、視力回復トレーニングはしなくても良かったのかもしれません。でも例え「外で遊んでらっしゃい!」と家から追い出しても、安全に遊べる場所がなかったり、なかなか遊べる相手がいなかったり、結局誰かの家でゲームをしていたり……。そんな事情で、これから近視の子はますます増えるでしょう。とすると……

習い事&トレーニングの両立 がやっぱり必要になってきます。

寝る直前、または子どもが布団に入った後に、「あ!今日はトレーニングをやってなかった!!」と気付いたりしても、寝る時間の方が優先だし、つい「今日はトレーニングお休みしよう」となりがち。

でも、例えほんの1分間でも、1シートでも、1瞬き?でもやれば「よし!今日も視力回復トレーニングをちゃんとやったぞ」と気持ちよく眠れます。

中途半端、大歓迎なワケです。

実際、目を瞑って初めて自分の眼の疲れに気付くことが多い。それを意識することが大事。

目を瞑った時間は僅か10秒でも、毎日少しずつの積み重ねが、「目を大事にする」という意識を育てていけるんですね。

目は一生の宝物ですからね。やっぱり大事にしないと。

 

子供と一緒に継続「目力・視力回復トレーニング」

忙しい時間の合間に親子でトレーニング。

目力・視力を回復するには、日々の筋トレならぬ、日々の回復トレーニングが重要。

「1回10分のトレーニング時間の確保」

子供のうちにその時間術を習得しておけば、大人になって「デキる人」になるのは必然。

たとえ、1日出来ない日があっても、次の日に軌道修正出来ればOK。
その次の日も出来なくても、その次の日にフォローすればOK。

一週間にたった3日でもトレーニングしていれば、一週間に0日の子の目の30倍は目力を鍛えていることになるのです。

短い期間の小さな差も、数ヶ月後には脳力の大きな差になります。

面倒だけれども、親子で一緒に取り組みましょう。

実は、親にこそ必要なトレーニングだったことがわかるはずです。


子供の視力回復・乱視予防

1日に10分の視力回復トレーニング。
「アイトレーニング」の申し込みはこちら

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ