ジャンプで視力が回復できる?!

<広告>


ジャンプで視力が回復できる?!

 

1999年から15年間も連載してきた
週刊少年ジャンプの「NARUTO」が来月11月10日で連載完結だそうですが、

jump

今回のテーマの「ジャンプ」は漫画のジャンプではありません。
上下に身体を揺する垂直跳びのジャンプです。

はい、今日ご紹介する無料・視力回復法は
「一日100回ジャンプで視力回復」です。

 

100回ジャンプで本当に視力は回復するのか?

早速、検証してみました。

100回のジャンプにかかる時間は53秒。
縄跳びを回すイメージでその場でジャンプしました。
運動不足の私には、ちょっとドキドキするくらいの運動量でした。

<視力検査>
終わった瞬間 : 特に変化なし。
終わった1分後 : 視野が広がり、光を取り込む量が増えました。(体感)
終わった3分後 : 視力アップ(0.6 ⇒ 0.8)
終わった5分後 : 疲れて眠くなりました。

<結果発表>
確かに視力が上がりました。
ただし、一時的な効果のようです。

このテキストを書いているのはジャンプ後10分後。
もう眠いです。
さっき開いたように感じた視界ももう狭まりました。
視力も元に戻ってしまったようにボヤけています……。

 

ジャンプは視力回復効果はないのか?

じゃあ、ジャンプは効果がないのか?と言うと
そうとは言えないと思います。

ジャンプをすると何が起きるか

  1. 心拍数が上がる
  2. 心臓から血液が勢い良く流される
  3. 末端まで綺麗な血液と酸素が到達する
  4. 目にも酸素が行き渡る
  5. 目の細胞が活性化されて疲れ目が解消される

継続によって、太ももが強化されると心肺機能も更に強くなります。

そして、もう一つジャンプの効果

  1. 胃が上下に揺さぶられる
  2. 胃の煽動運動が促されて胃がやわらかくリラックスする
  3. 足の骨が刺激され、自律神経が活性化する
  4. 自律神経が整うと目のピント調節機能が向上する

身体の内部から目に良い刺激を与えてくれるんですね。

つまり、即効性はあるけれど持続力はなく。
でも、継続することで心身をバランス良く整えてくれる。

レーシックやコンタクトなどの矯正よりも断然に安全・安心。
これはオススメ出来ますね。

今までに色々な視力回復法を試しましたが、
結局は「身体を動かして健康を保つ」というのがキモのようです。

 

ジャンプ視力回復方法継続のコツ

でも、意味もなく100回ジャンプするのってなかなか難しいですよね。
数を数えるのも何だか億劫。

マンションの住人だと階下への振動が気になりますし。
だから外でジャンプすることになると思いますが、
何も持たずにジャンプしてたら頭の中を疑われるかも。

そんな時は「1分間縄跳び」と考えると良いと思います。

縄跳びを手にしていれば「ああ、身体を鍛えてるんだな」とか
「子供と一緒にやってるんだな」と見てもらえるので不審者ではなくなります。
実際ダイエットにもいいですし。

なかなか二重飛びが出来ない子供さんも
一緒に縄跳びが出来るなら楽しんでチャレンジ出来るので、
体育の成績も一緒に上がるというおまけつき。

縄跳びが得意になると太ももが強くなり、
心肺機能が強くなるので、長距離走が得意になります。

来たる冬のマラソン大会に向けて、
今から「親子で縄跳びダイエット&視力回復」を試してみませんか。

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ