つま先を叩くと目が良くなる!?

<広告>


つま先を叩くと目が良くなる!?

つま先叩きで子供の視力回復

昔、タイ式マッサージの先生に聞きました。足には身体のあちこちのツボが密集しているそうです。足先は頭の部分、かかとは腰周りの部分。土踏まずの辺りは内蔵系、そしてその内蔵をくるむように腸がある、と。足の裏が凝って痛く感じる時には血流が悪くなっているということなので、そこを強めにマッサージして血をたくさん通してあげると筋肉の凝りもなくなって調子がよくなる、と。

イチローのお父さんが毎晩、イチローに足マッサージをして親子のコミュニケーションを取っていたと聞きましたが、コミュニケーション&身体の調子を整える、という二重の良いことがあるのですね。確かに足、それも足裏を触るというのはそれなりの信頼感がないと出来ないことです。

足裏マッサージを始めて少し経ちますが、最初はくすぐったがっていた息子が、今では毎晩これがないと駄目だと言うようになりました。そして毎日触っていると「今日はここが凝っているな」とか「ここがいつも調子悪そうだ」というのがわかってきます。それを比べる意味でも色々な人の足裏マッサージをしてあげると面白いかもしれません。

 

特に足先が頭には重要?

そして、また最近ヨガの先生にも聞きました。足先には頭の重要な部分がたくさん詰め込まれているので、足先を刺激すると脳にいいそうです。特につま先部分は目に該当するらしく、上の写真のようにかかとを揃えた後、つま先を「トントン」と1000回ぶつけ合うと、視力が良くなるそうです。そう聞いてから、我が家では寝る前に足マッサージ後につま先叩きをしています。

視力への効果の程はまだわかりませんが、身体と気持ちのバランスが整うようです。「身体がダルい」と微熱で学校を休もうとしていた息子が、布団の中で何故か急につま先叩きをしていたようで、1000回(本人申告)やった後、「調子が良くなったから学校行く」と言ってスタスタ準備して出かけました。

脳は身体の全ての管轄を取る所ですものね。で、つま先叩き、私も実際にやってみました。

目が動きました。

意味不明ですか?そうですよね。視界が広がったんです。それまでこの記事を書いていたので、PCに集中していて視界が狭められていたのですが、つま先叩きを始めて少ししたら、急に横から光が入ってきたのを感じたのでそちらに目が動きました。それから目をあちこちに動かせるようになりました。窓の外遠くも見るようになりました。

作業をしているとついそちらに全感覚がいってしまうのですが、つま先叩きをすることによって凝り固まった脳が「フー」と呼吸をして頭の整理をするのかもしれないです。皆様もお試しあれ。

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ