冬は視力低下を強く感じる季節

冬になって寒くなって
「なんだか最近、視力が落ちたような?」
と感じることはありませんか?

冬至は一年で一番夜の時間が長い日。
つまり、日が落ちるのが早い=暗い時間が長い。

光が目に入るのが少なくなるということは
どうしても物が見えにくくなるので、
視力が落ちたように感じるんです。

実際、対象物をよく見ようと
目と脳は一生懸命働き出します。
当然、目は疲れます。

疲れ目が起きます。
この疲れ目もやっぱり視力低下の原因になるんですね。

 

<広告>


疲れ目を解消して、視力低下を防ぐには?

ずばり、亜鉛です。

zn

亜鉛が不足すると神経伝達がスムーズにいかないと言われます。

神経伝達
つまり、目が物を見て、それを脳に伝達する部分ですね。

この働きが弱くなると目が神経をすり減らしながら
どうにかキャッチしようと

ちなみに亜鉛が不足すると
嗅覚や触覚なども一緒に鈍くなるそうです。

つまり、五感の全てに影響があるんですね。

亜鉛を積極的に取り入れて
反応が鈍い、なんて言われないようにしましょう。

亜鉛を多く含む食品

牡蠣

が筆頭ですが、

うなぎやレバー、チーズ
卵黄、ごまにも多く含まれているようです。

あとは、ビーフジャーキーにも多いらしい。
お父さんのおつまみはこれに決まりですね。
ただ塩分には注意してくださいね。

冬は特に亜鉛を含んだ食品を補いつつ、
光も多めに使用して
目が疲れないように気をつけましょう。


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ