楽しいと出来る。楽しいと視力も回復する?

<広告>


脳と音楽と健康の深い関係

楽しく視力回復

皆さんご存知の通り、脳は気持ちの良いことが好きです。音楽が嫌いな人間というのは基本的には存在しないはず。(得意・不得意とは別問題として)

原始の時代からダンスはあって宗教的な役割を果たしてきましたし、病気の人でも音楽を聴くと心が癒されたり、植物だって音楽を聴くと成長が早くなったり。そして戦争中には、言葉が通じない違う国の敵同士でも、音楽や踊りを通して心が通じることがあったとか。

音楽って振動なんだそうです。バイブレーション。人間の身体って生きてるだけで音楽を奏でてるんですよね。心臓の鼓動は一定リズム。血液はドクドク流れています。健康であるならば動かずにいろと言われたら苦痛ですよね?人間は基本的には身体の中のリズムをいつも本当は表現したがっている。だから、音楽と一緒に身体を自由に動かすと気持ちがいい。

 

眼育のトレーニング効果

眼育はその音楽効果をとても効果的に使っています。
「気持ちいい〜」の快の脳を保って目のトレーニングを行うので、視力アップ効果も高まるんですね。

子どもは楽しければやるし、つまらないとやりません。親も童心にかえって音楽と一緒に楽しくトレーニングすれば視力回復効果も2倍、3倍です。

が、楽しいと子どもはどんどんエスカレートしていきます。気付くと「目がCDの指示通りに動いてないじゃん!」って突っ込みたくなります。でもなるべく細かな所は気にしないであげるといい関係を保ちつついい結果もあげられると思います。

……が、楽しさのあまり度を超して暴れ始めたこーぺーがおりまして……。「ジャンプ禁止!!ここはマンションの5階だー!!」と怒鳴ってしまいました。その途端、それまでイキイキ輝いていた目がシュンと萎みました。でも、こればっかりはねぇ……。

 
子どもの視力回復に眼育ing BOX
クリックすると、大きな画像で見られます。
 



楽しく目ヂカラ UP するなら<「眼育ing BOX」がオススメです。

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ