子どもに視力回復の習慣をつけるには?

<広告>


視力回復の習慣ってなに?

「視力回復の習慣」ってなんだと思いますか?
一言で言うと、目を大切にする習慣です。または視力が落ちないようにする習慣です。

悪くなってしまった視力が良くなるには、それまでに出来上がってしまった目に悪い習慣を断ち切り、新たに目に良い習慣を継続させる力が必要です。

  • 姿勢を良くする習慣。
  • ゲームをやらない習慣。
  • 本を目に近づけさせない習慣。
  • テレビを長時間見ない習慣。
  • そして、目の筋肉を鍛える習慣。

今、面倒だなぁと思いませんでした?おっしゃる通り面倒です。悪い習慣って簡単に根付くのに、良い習慣を根付かせるのはとても面倒なんです。

 

大人になった時に習慣力は発揮される

面倒だけれど、良い習慣は身に付けば一生の宝になります。今、ゲームをやりまくっているのに視力の落ちていない子もいます。でも、日本の大学生の平均視力は0.2だそうです。つまり、平均的に学生を続けて大人になるまでのどこかで、ほとんどの人の視力は落ちてしまうのです。

今の親世代はそれでもまだ自然があり、習い事も少なく、放課後に友達とたくさん遊ぶことが出来て育ってきたと思います。だから、今の若い人たちより目の筋肉は鍛えられて強い。でも、今の子ども達は鍛えることも出来ないまま、その能力を更に減らされるようなストレスフルな社会に生きています。

大きくなってから悪い習慣を改めようと思っても、それはなかなか定着しません。本人が「これはヤバイ!」と必死に努力したら話は別ですが……。でも、今、小学生のうちなら、まだ親の話を聞きます。大人になった時に取り返しのつかないことにならないよう、目を鍛える訓練を今から始めましょう。

目に良い習慣を子どもの頃につけてあげることで、今後、受験や試験などで目を酷使する時期があっても、子ども自らが「目に気持ちいい」環境に戻そうと必ずするようになります。

目で苦労したからこそ、目を大事にする習慣はつけられると思います。

 

でも、習慣づけって大変なのよ

でも、いきなり「今日から目を大切にしましょう!」と宣言しても、当然なかなか難しいです。勉強でもそうですよね。いきなり「さぁ、今日から教科書を予習・復習しよう!」と声がけしても子どもはつまらないからやらない。

こどもチャレンジからよく広告が届きますが、あれは子ども心をくすぐるような仕掛け満載です。毎度、その見事さに感心しています。おもちゃのような教材で巧みに子どもをその気にさせ、最後に「『勉強頑張るからチャレンジやってもいい?』とお母さんに言ってみよう!」と誘い文句まで印字されています。

「勉強頑張るから」って親にとっては殺し文句ですよね。そこまで誘導されていることに、ちょっぴり薄ら寒さは感じましたが、でも、それまで勉強の習慣のなかった子が勉強を始めるには良いきっかけになると思います。おもちゃがきっかけでも、実際に勉強を頑張り始めるなら、それでいいではないでしょうか。

つまり、子どもには新しい教材が必要ということ。目新しいものが好きで、飽きやすく、継続が難しい子どもに何かの習慣をつけるには「今日から始める」ための何か新しいものが必要なのです。

そして、実際、我が家でもそれを実感しました。子ども専用に開発された「眼育ing BOX」です。子どもって本当に新しいもの、楽しいものが好きなんだなと、その見事な引っかかりように感動しました。

そして、子ども専用のトレーニングということの意味を改めて感じました。子どもは単純なようで意外に手強い。本物か偽物かなんてすぐにわかってしまうんです。1日30分、週3回を継続するのは簡単なことではありませんが、成果があれば親も子も頑張れるもの。子どもに視力回復の習慣をつけたい方には私は自信をもってオススメできます。

プログラムの詳細な体験レビューは「視力回復チャレンジ!眼育レビュー体験談」を参考にしてくださいませ。

 
子どもの視力回復に眼育ing BOX
クリックすると、大きな画像で見られます。
 



楽しく目ヂカラ UP するなら<「眼育ing BOX」がオススメです。

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ