周辺視野を鍛えないと危機回避が出来ない?(眼育7日目)

周辺視野って何のことかご存知ですか?
シマウマなどの草食動物が天敵から逃げる為に広く進化させた視野です。お子さんの周辺視野、狭くなっていませんか?
 

hunting

 

<広告>


周辺視野を楽しんで鍛えるトレーニング

そんな周辺視野を鍛えてくれるのが、「眼育ing BOX」最後のプログラム「トレジャー・ハンティング」です。これは簡単に言うと宝探しです。トランプサイズのカードに、1から30番まで数字が書いてあって、それを順番にバラバラに並べて制限時間の30秒以内に1から順に探していくのです。

そんな単純なゲームなのですが、なかなか結構難しいです。こーぺーは最後のこの「トレジャー・ハンティング」を楽しみに続けていると言ってもいいくらい大好きなトレーニングなのですが、一週間続けてやって、まだ10くらいまでしか取れません。

そして、ここでも点数問題が。。。つい、もっと大きな数字まで取れるようになりたくて、どうしても見つけられない数字をサラッと飛ばして次に行こうとしてしまうことがありました。横で見ている私は傍目八目で、ちゃんとターゲットのカードの場所を少し先まで見つけることが出来ているので、こーぺーが「1、2、3・・・」と口にしつつ、目がそこに行っていないと「あれ?」とすぐわかります。まぁ、多少の目こぼしはOKとも思いましたが、今は口で数字を言いながらカードを指差させるようにしています。

 

視力とリラックスについて

気持ちが焦ってしまうとうまくいかなくなることって多いんだなぁ、と改めて思いました。スポーツでもテストでも何でも、本番だと緊張していい成績を出せない子(大人も)いますが、あれは筋肉が変に固まってしまうからなんでしょうね。眼も筋肉ですから同じですね。

ヨガの先生によると、緊張を解くコツは深い呼吸をすることだそうです。特に吐くことに意識を置くと良いそうです。「まず吐いて」それから「ついでに吸って」そして「また全部吐いて」。身体の中のものすっかり吐き出してしまうくらい深い呼吸をすると、いいんんだそうです。確かにそこまで出し切ってしまうと、後はもうどうでもいいや、みたいな気持ちになりますよね。

話が脱線してしまいましたが、そういうわけで、視力回復トレーニングのポイントはリラックスです。この「トレジャー・ハンティング」の場合は、CDが「はい、始め!」という直前まで、後ろを向いて目を閉じて深呼吸をさせるようにしています。そうすると音楽が始まる前にチラチラと番号を探してしまうことも防げますしね。オススメですよ。

 

周辺視野を広げると危機回避&脳力開発も出来る!

また、この「トレジャー・ハンティング」では、本当にカードを床にバラバラに散りばめてしまってもいいんですが、最初のうちは向きを揃えて順番だけをバラバラにした方がいいと思います。取れるカードが増えてきたら向きを変えて脳トレみたいにして難易度を上げると良いようです。

でも、このトレーニングで一番効果的なのは、段々とカード同士の間をあけて広くすることと思います。この宝探しは周辺視野を広くする為のトレーニングなのですから。

野生動物の周辺視野はすごく広いですが、それは自分の身を守るためです。現代人には天敵がほぼいないので、野生動物ほど周辺視野を広げる必要はないのですが、でも道路を歩いていて後ろから自転車や車が来るのに気付けるか気付けないか。飛んでくるボールが見えるか見えないかというのは身を守る上で結構大きな差になってきます。

jiko_car_ojisan

そして、周辺視野が広いということは、一瞬で大量の情報を取得出来るということ。速読なんかも出来るようになるらしいです。我が家ではまだまだそのレベルには遠い道のりですが、いずれこちらも伸ばしていけたらいいなぁ。

眼のトレーニングを始めて1週間。単純に視力を良くすることだけが大事なのではなく、身体の色々な筋肉を鍛えて全体的な能力を上げることが大事なのだなと思うようになりました。

 

眼育開始 7日目のこーぺー視力

右 0.15 左 0.2 両目 0.15

眼育ing BOX 開始より一週間が過ぎまして、やっとトレーニングにも慣れてきました。右は最低限ライン0.1 から0.15に上がり、左は0.1から0.2へ。両目は0.15で、一週間前の視力からしたら、どれも上がってくれたので嬉しかったですね。

ちなみに眼育ing BOX についていた視力検査表だと、0.1の次は0.2なんですが、購入した本に付いていた視力検査表には0.15の項目がありまして、
その辺りをウロウロしているこーぺーには少しでも見えるとモチベーションが上がるので、そちらを使ってテストしてます。

「眼育ing BOX」は、0.1を切ってしまった強度の近視でも効果ありということがわかりました。この調子で、眼鏡がなくても大丈夫なくらいまで頑張りたいです。毎日30分弱という、頑張れば何とか抽出できる時間なので、将来の為に頑張らねば。
 
子どもの視力回復に眼育ing BOX
クリックすると、大きな画像で見られます。

 



楽しく目ヂカラ UP するなら「眼育ing BOX」がオススメです。

 


<スポンサーリンク>





サブコンテンツ

このページの先頭へ