視力回復Q&A

このページでは、目に関して疑問に思うことをまとめてみました。(順次追加予定です。)

 


Q1.視力回復って本当にできるの?

A1.出来ます。ただし近視以外の目の疾病などが他にないこと、また本人(または親)が真剣に取り組まないと思ったような結果を出すことは難しいです。


Q2.視力回復で一番効果があるのは何?

A2.人によって相性がありますので、「○○なら絶対視力が回復する!」と言うことは出来ませんが、サイト内でご紹介しているどの方法でも「目を大事にしよう」「視力回復させるぞ」と強く思って継続すれば必ず効果はあります。目の健康に目を向けた瞬間から、視力を回復させるチャンスは確実に高まっています。


Q3.視力回復は何歳までできるの?

A3.基本的には何歳でも出来る、と専門家は言っていますし、私も色々試した結果そう思うようになりました。
視力は体の機能の一部なので、鍛えれば鍛えただけ体は正直に応えてくれます。同じ年齢でも鍛え方で体の機能に違いはありますよね。ただ、肉体的・遺伝的・病的要因が絡むと回復が難しい場合もあります。


Q4.視力回復トレーニングはどのくらいの期間続けるの?

A4.その個人個人で回復までに差があります。筋トレと同じと思っていただけたらと思います。ストイックに短期集中で行う人と、少しずつを長くゆっくり行う人がいますよね。人によって筋肉のつきかたや鍛え方も千差万別。視力回復も各人の性質や元々の体質によって左右されます。ただ一つ言えるのは、真剣に取り組むかどうかです。


Q5.メガネは視力が0.3になったら作るの?0.5?

A5.ドライバーや技術者など、目を積極的に使うお仕事なら、やはりきちんとした矯正が必要でしょう。でもそうでない場合、なるべくメガネに頼らずに、目をしっかり使おうと思った方が個人的には良いと思います。ただし、その目を細めるようになってしまったらメガネを作ることをおすすめします。乱視になってしまうからです。


Q6.視力回復ってそんなに大事?

A6.私は大事だと思います。「外界からの情報の約8割が目から入る」と言われますが、脳の一番近くですぐに送られる情報が目からの物であること、触感、匂い、味などよりもずっと早くスピーディーに処理され判断されるのが目からの情報です。それが鈍るということは、生きる上での力が衰えているということと同義と思います。
ただ、生まれつきなど、目に関して解決できない問題を抱えてらっしゃる方もいらっしゃいます。でも、正常に生まれたのに別に明確な原因があって目を悪くしたのであれば、その人(またはその親)の責任が大きいと思います。目に悪い習慣は往々にして健康にもあまり良くありません。健康に楽しく生きるためにも視力回復を頑張ることは意味のあることと思います。


Q7.子どもにトレーニングさせるのは大変

A7.勉強でも習い事でも、「これ、やっておきなさい」と物だけ渡してあとは知らん顔をしていたら、親の思い通りに真面目にやる子なんてほとんどいないです。それが例え、自分から「やりたい」と言い出したサッカーやピアノなどであっても。
子どもの集中力もモチベーションもそんなには続かないのです。たまに「子どもは○○が本当に好きで、やめろと言ってもやり続けていたんですよー」なんて成功者の親がインタビューで答えていたりますが、ほんの一部の天才だけと思います。または、本人も親も気付かないような何か(褒める習慣があったとか、いいコーチと出会ったとか)があったんです。それに「やめなさい」と言うと何故か子どもって反発して頑張ったりしますしね。それなりの親技は必要と思います。


 

もし何か聞いてみたいことがあったら、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ